クリック率が高い広告の作り方①〜案件とターゲットのマッチング〜

 

広告作りに悩んでる人
今まで何となく広告を作ってきたけど、CTRが高い広告を作るコツを知りたい。
作り方の手順とか、いい考え方があれば知りたい。

こんな人には、これから紹介する案件とターゲットをマッチングさせる広告の作り方が役に立つかも知れません。

 

この記事の信頼性

 リスティング歴6年、東京のWebコンサル勤務
 広告作りには割と定評有り
 CTR指名30%、一般15%近い広告作ることも

 

僕は広告作りに関しては、社内でも結構な評価を頂いてます。
平均的なクリック率を大きく上回る広告を、結構な頻度で作っています。
なので、そこそこ信頼性はあるかなと思います。

少し長くなるので、全部で4つの記事に分けて説明していきます。
大まかな手順は下記の通りです。

 

クリック率が高い広告の作り方

  • step1 案件とターゲットのマッチング
  • step2 広告文の設計図を作る
  • step3 事実だけで広告文を作る
  • step4 ターゲットが好む表現に換える

 

今回は、step1 案件とターゲットのマッチングとなります。

クリック率が高い広告の作り方①~案件とターゲットのマッチング~

4stepの中で、1番大事な部分です。
広告の良し悪しは、ここで決まると思ってください。
手順は、以下の通りです。

 

  • 1 案件、ターゲットの特徴を紙に書き出す
  • 2 ターゲットの特徴に順位づけをする
  • 3 案件と、ターゲットの特徴が一致する部分を探す

 

1 案件、ターゲットの特徴を紙に書き出す

案件の特徴は、分かりやすいはず。
商材のウェブサイトや、業界の情報サイトなどから探します。
ここは、客観的な事実だけを探すだけでOK(実績、価格、機能とか)

逆に、ターゲットの特徴はちょっと難しいです。
こちらは、個人の主観でOKです。

商材のウェブサイトを見て、ターゲットを連想していってください。
おおまかに、下記みたいに分類するとやり易いと思います。

 

  • 客観的な特徴 年齢、性別、仕事とか
  • 主観的な特徴 性格、欲しいもの、好むフレーズとか

 

とにかく、量を意識してください。
もうムリ、、、と思うくらい頑張って出しましょう。

 

2 ターゲットの特徴に順位づけをする

紙に書いたターゲットの情報に、順位づけをしましょう。

今、1番解決したい悩みは何か?その次は何か?を軸に考えてください。

予想なので、明確な根拠はなくてもOKです。
より正確な情報が欲しければ、クライアントに顧客の傾向を聞いてみるのも有効です。
これの上位にくる情報が、後で広告で攻めるポイントになります。

 

3 案件と、ターゲットの特徴が一致する部分を探す

案件でリストアップした情報と、ターゲットで順位づけした情報。

この2つが一致するポイントが、広告文に入れるべき内容です。

その後、どのような広告にするかは施策の目的次第です。
有効な訴求軸を知りたいなら一部だけ、汎用的に使える広告にしたいなら全部入れてみたり、とか。

架空の案件で試してみよう

紹介した手順で、架空の案件で試してみましょう。

商材    : 代理店のウェブ広告の運用代行
ターゲット : 事業会社でウェブ施策を1人で担当

 

案件の特徴

・ 初期設定、運用、連絡まで対応可
・ 料金は広告費の20%
・ リスティングの実績は10年
・ 業界でも割と有名
・ SNS広告、サイト改善も対応可
・ レポートや報告も定期的に実施
・ 相談は無料で対応

 

ターゲットの特徴

・ 1人でウェブ施策を担当している
・ 業務は広告・SEO・サイト改善など多い
・ 細かい数値までは見切れてない
・ ウェブ全体の施策管理に集中したい
・ 専門家からのアドバイスがあると嬉しい

 

上記の情報をもとに、ターゲットの思考を想像してみましょう。

ターゲットは、1人でウェブ周りを担当している。
しかし人手が足りないため、日常的に残業しがち。
やる事が多いため、各集客方法は十分に取り組めているとは言えない。

自分はウェブ全体に集中したいため、リスティング広告を外部に委託することにした。
細かい数値は必要ないが、定期的な数値報告の連絡は欲しい。
可能なら、リスティング以外の知見があればドンドン提案して欲しい。

こんな感じでターゲット像を膨らましていくと、解決したい悩みはおそらくここら辺になるはずです。

 

  • 優先度大 : リスティング運用をまとめてお願いしたい
  • 優先度中 : 細かい数値は不要だが、定期的な連絡と改善案は欲しい
  • 優先度小 : その他の提案があると尚可

 

最後に、上記の悩みを解決できる案件の特徴はここら辺になります。

 

  • 初期設定、運用、連絡まで対応可
  • レポートや報告も定期的に実施
  • SNS広告、サイト改善も対応可

 

ここら辺が、ターゲットに響く可能性が高いアピールポイントになります。

広告はマッチングで決まる

次回以降は、今回選んだ項目を使って実際に広告を作っていきます。
広告は見栄えとかも大事ですが、全ては今回のstep1が前提となっています。

広告の良し悪しは、案件とターゲットのマッチングで決まると思っててください。

次回は、「step2 広告文の設計図を作る」について説明していきます。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事